2019年度コンテスト概要

コンテストの応募については下記の内容をご確認ください。

【応募期間】
2019年11月1日(金) 応募開始
2020年1月15日(水) 応募締切 当日消印有効
受賞作品発表は3月上旬頃にホームページで発表

【応募条件】
・高校生による応募者本人のオリジナル作品であること。
・他のコンテストに応募した作品も可能ですが、未受賞のものに限ります。
・応募作品は返却いたしません。
・作品の盗作・類似が明らかになった場合は失格とします。
・応募作品の著作権は大谷大学に帰属します。
・受賞作品については冊子体にする予定ですので、あらかじめご了承ください。
その他、詳細はお問合せ(075-253-1872)下さい。

pic_w1000

【応募内容】

■小説部門
8,000字以内(400字詰原稿用紙20枚以内)

■エッセイ部門
2,000字以内(400字詰原稿用紙5枚以内)

■自由なテーマで応募可能。
「小説部門」「エッセイ部門」共に応募する作品にテーマ制限はありません。

※原稿用紙はこちらからダウンロードしてください。
大谷大学応募用紙フォーマット

※両部門への応募も可能です。
※両部門共に文字数は厳守して下さい。
※応募の際は学校よりご応募をお願いしております。(個人での応募の際はご相談下さい)

【応募方法】
作品応募方法での応募を受け付けております。
※ お一人で何件でも応募は可能です。
【応募内容】
作品応募方法にしたがって、下記の内容の記載をお願いします。

応募者氏名/フリガナ/高校名/学年/郵便番号/住所
電話番号/メールアドレス/作品の題名/作品
応募部門(『小説』か『エッセイ』のどちらかを記入)
担当される学校の先生名
(作品によって文字化け等の恐れがあります。その場合はこちらから連絡をさせていただきます。)

※記入していただいた個人情報は各種統計資料のため、個人を特定しない集計処理に使用します。

【審査員】

國中 治   教授 (文藝塾副長・文学部文学科 審査委員長)
安藤 卓   氏  (株式会社PHP研究所常務執行役員 文芸塾セミナー講師)
萩原 健次郎 氏  (詩人・文藝塾セミナー講師)
宮脇 一徳  氏  (一般社団法人 言の葉協会専務理事)
大谷文芸(学生サークル)
大谷大学教員 数名

【受賞内容について】
最優秀賞     両部門より各1点 (副賞として図書カード3万円)
優秀賞      両部門より各2点 (副賞として図書カード1万円)
PHPエッセイ賞  エッセイ部門の最終審査作品より1点 (月刊『PHP』増刊号に掲載)
大谷文芸賞    両部門より各1点 (副賞として図書カード2,000円)
奨励賞      両部門各数点  (副賞として図書カード1,500円)

※該当なしの場合があります。

※HPでの受賞作品発表のみで表彰式は行いません。

bar2